鉄分補給

しじみで鉄分補給

しじみには、鉄分が豊富に含まれています。
鉄分といえばレバーを思い浮かべる人が多いかと思いますが、実際に、豚や鶏のレバー含まれている鉄分は、しじみの2倍以上だと言われているのです、シジミもレバーも、ヘム鉄と呼ばれている吸収率の高い種類の鉄なのですが、鉄には非ヘム鉄といわれているものもあります。
ヘム鉄の場合、単独でもきちんと体内に吸収されるので、食べ合わせに気を使わずにすむのです。

また、鉄分だけではなく、亜鉛も含まれているので、味覚異常の防止に効果があります。
亜鉛は、体内で鉄を効率よく使われるために必要なミネラルでもあるのです。
しかし、鉄分は、一度に体内で大量に蓄積することができません。

たとえば、レバーをたっぷり口にしたとしても、そこに含まれている鉄分を全て利用することはできないのです。
翌日も同じように摂取しなければなりません。
レバーは、鉄分を摂取するにあたって、非常に優秀な食材と言えるのですが、毎日摂取するとなると難しい場合がおおいのではないでしょうか。

レバーは、味にも特徴がありますので、他の料理と組み合わせるにしても、限りがあるので、飽きやすいですし、レバー自体が苦手だという人も多いようです。
レバーをペーストにするとある程度食べやすくなりますが、それも毎日のこととなると、負担が大きくなってしまいます。
その点、しじみはレバーよりもクセがない味ですし、長く続けるにあたって、摂取しやすい食材だといえます。
しじみは、味にクセがないので、苦手だという人はあまりいません。

貝のまま食べるのが苦手なのであれば、エキスにしてしまえばいいのです。
貝を煮出すことで、シジミのエキスを簡単に作ることができます。
しじみエキスたっぷりの味噌汁はとてもおいしいですよ。
レバーのペーストを作るよりも手間もかかりませんし、さまざまな料理に使うことができます。
味にクセもないので、他の調味料と混ぜれば、シジミエキスの存在も気にならずに口にすることができるのではないでしょうか。
http://xn--68jc1jyi4fke.net/でも紹介されているようにサプリメントで摂ることも可能です。

このページの先頭へ