鉄分補給

飲みすぎたらシジミ汁

昔から、二日酔いにはシジミ汁がいいといわれていますが、その根拠について知っている人は少ないようです。
シジミ汁が二日酔いに良いのには、もちろん科学的な根拠があります。
最大の理由として挙げられるのが、シジミの中にバランスよく含まれている必須アミノ酸にあるといえるでしょう。

誰でも、アルコールを飲みすぎた際には、アルコールを解毒する働きをうけおっている肝細胞が損傷をうけます。
肝細胞は肝臓にある細胞のことなのですが、これを修復しなければ肝臓へ負担がかかってしまいます。
そこで、必須アミノ酸を補給することによって、肝細胞の主成分となっているタンパク質が合成されます。

そこで、肝細胞が修復されるのです。
この必須アミノ酸を補給する際に、含有量が不足してしまっているアミノ酸が1つでもあると、どんなに他のアミノ酸を補給したとしても、肝細胞での利用効率が落ちてしまいます。
しかし、しじみにはバランスよくアミノ酸が含まれているため、そういった意味で是非摂取したい食品だといえるでしょう。
それだけではなく、しじみは低脂肪ですし、消化されやすく体内への吸収がいい食品ですので、肝臓への負担が小さくて済むのです。

また、シジミに含まれている豊富なミネラル成分も、タンパク質を合成させやすくすると言われています。
さまざまな研究をおこなった結果、アミノ酸の中でもタウリンが、肝細胞の再生を促進させたり、肝臓の解毒作用を活発にさせるということもわかってきました。
さらに、しじみに含まれている糖質は、即効性が高く、エネルギー源となるグリコーゲンが主体となっているため、そのグリコーゲンが肝臓の疲労を回復させやすくする働きがあるのです。
しじみには、肝臓によいと言われているさまざまな栄養成分がバランスよく、豊富に含まれているといえるでしょう。
ついついお酒を飲みすぎてしまった翌朝には、シジミ汁を飲むことによって、肝臓がよわっているのを回復させたいものです。
他にもしじみを使った料理はありますので、こちらに載っているレシピを参考にして作ってみてください。
一日の摂取量はhttp://www.m-i-w.jp/に載っている通りですので、こちらを目安に毎日摂りましょう。





このページの先頭へ