鉄分補給

食べる前に冷凍保存

最近では、冷凍食品が増加したこともあり、冷蔵庫全体のなかで冷凍庫の部分が大きな割合を占めているのですが、冷凍食品の収納だけではなく、あまった食材を長持ちさせるために冷凍するという人も多いのではないでしょうか。
しかし、冷凍するという手段は、余った食材を長持ちさせるだけではなく、食べる前に一旦冷凍することによって、より旨みが増す食材もあるのです。
その代表的な食材のうちの1つが、しじみだといえるのではないでしょうか。

では、なぜ一旦冷凍保存をしてから食べた方が美味しいかと言えば、しじみのなかに豊富に含まれている栄養素の1つであるオルニチンが、一旦冷凍保存することによって、何倍にも増加するというデータがあるのです。
さらに、冷凍した後にしじみ汁などにすると、シジミの細胞が冷凍によって壊れることにより、うまみ成分がシジミから出やすくなるのです。
冷凍するだけで、よりおいしくなり、栄養価も高くなると言うのは、ちょっと不思議な話なのですが、冷凍保存をした方がいいということを知っておいた方がいいでしょう。

では、もっともおいしいシジミの食べ方についてですが、まず砂抜きをします。
このとき、塩分1%の薄めの塩水で2時間程度砂抜きをするのがポイントです。
砂抜き済みのシジミを購入した場合には、こちらの工程は不要です。

シジミは、解凍したらそのまま食べることになりますので、冷凍する前によく洗っておくことが必要です。
シジミについている小さな泥なども念入りに洗い落としておきましょう。
その工程が終わったら、いよいよ冷凍です。
冷凍する場合、一回分ずつ小分けにしてビニール袋やフリーザバッグに入れてから冷凍しましょう。

小分けにすることによって、あとで調理する際に取り出しやすくて便利です。
使用する際には、冷凍庫から小分けになっているシジミをとりだして、そのまま鍋へと放り込みます。
お吸い物の場合でも、味噌汁の場合でも、これだけで簡単にシジミ汁ができるのです。
こうやって一旦冷凍しておいた方が、冷凍しないで食べるシジミよりも汁に出汁が溶け込んで、よりおいしくなっているはずです。
しじみと相性の良い栄養素を含んでいるニンニクも一緒に使った料理は相乗効果が期待できますよ。
こちらhttp://www.turkihracat.org/syunn.htmlにも載っているように、蜆の旬は夏と冬の2回あります。
この旬の時期は身がぷっくりしていてとてもおいしいので是非、旬のころに食べてみてください。
おいしく食べて健康を手に入れましょう。




このページの先頭へ